施設照明納入事例

名古屋高速道路公社 市道高速分岐2号線

所在地 愛知県名古屋市
納入年 1995年
仕様 特RLP-12S 82個
高圧ナトリウムランプ(NHT180L) 82個

市道高速分岐2号線は名古屋市内の中心部を東西に走る高さ12mの高架道路。ここは名古屋城の外堀に接し都市部には珍しいヒメボタルの生息地であるため、照明方式にはホタルの発光交信の妨げにならない高欄照明方式の「ライトパイプ」が採用されました。
「ライトパイプ」は『環境を創る新しい光』をコンセプトに開発したもので、光のまぶしさがなく道路外に照明が漏れる心配がない上、ドライバーの視線誘導をし安全性とメンテナンスの容易さ、景観美化などに優れています。GSユアサはソフトで人や生物に優しい照明システムの提供をいたします。

電気自動車デトロイト号復活プロジェクト
太陽光発電システム
一般社団法人 電池工業会
LEGA LED照明で省エネ