施設照明納入事例

大阪市 咲洲海浜緑地公園

所在地 大阪市住之江区
納入年 2000年
仕様
太陽電池併用ライトパイプ
(MQS150W,FPL6W併用)
SL60051 14基
コンパクトメタルハライドランプ MQS150W 14灯
同上用安定器 TMC-151C-PG 14台
ライトパイプ (150W) MP-250-37 9基
コンパクトメタルハライドランプ MQS150W 9灯
同上用安定器 TMC-151C-PG 9台
着岸灯 (FDL27W) FS1172-04 17基

大阪南港・海浜緑地公園はウォーターフロント開発の一環として開発された海辺の公園で、恵まれた立地により六甲山や明石海峡大橋も望むことが出来ます。
今回、コンセプトを「エコ対策品・優れた景観照明」としてライトパイプとソーラー灯の併用を提案し、ご採用を頂きました。その特徴として、①ライトパイプとソーラー足元灯のミックススタイル②商用電源とソーラー電源の併用③災害時等に自動感知システムによるソーラー灯の自動点灯④ソーラー灯の常時点灯可能等があげられます。
お客様のご要望(エコ港の相応しい設備・夜間照明の演出アップ)にこたえた製品提案の結果、完成品に対し評価を得る事ができました。
最近では市民の憩いの場所としてはもちろんの事、観光客のお立ち寄りスポットとしても脚光を浴びている公園となっています。

電気自動車デトロイト号復活プロジェクト
太陽光発電システム
一般社団法人 電池工業会
LEGA LED照明で省エネ