施設照明納入事例

下妻地方広域事務組合
フィットネスパーク・きぬ

所在地 茨城県下妻市
納入年 2000年
仕様
池の周辺 ソーラーライト6W 4Hタイプ 36台
メインストリート Y型ライトパイプMQS150W×2 5基
スパ施設玄関 (500色)機能搭載LEDエントランス照明 2基
スパ施設ロータリー クラシック調照明NH220F×2 2基
駐車場及び園路 100φライトパイプ複合デザイン照明 81基
3~4灯用NH180FUL 102個
バス駐車場 150φライトパイプ複合デザイン投光照明 3灯用CMT360・LS/BH 2基
芝生広場 MS3531ステンレスポール照明 HF200X 10基
サッカー場 1KWメタルハライドランプ投光器照明 48組
MT-402M M1000B.SC/BU 20mハイポール 4基

フィットネスパークきぬは、茨城県西部地域に位置し下妻市・石下町・千代川村・関城町・八千代町の5市町村の共同事業として運営されています。
当施設は、近くに鬼怒川が流れ、筑波山を望み広々とした敷地内には、スパ設備のほっとランドきぬをメインとして池の周りを中心としたジョギングや散歩道、サッカー場、多目的広場、芝生公園など健康づくりを多方面からサポートする施設が、整備されています。
照明設備も多様で、高圧ナトリウムランプを中心にメタルハライドランプ、水銀ランプ、LEDなどの光源を複合して使用し、デザインと光源の複合により昼夜を問わず利用者に<安らぎ、なごみ、自分を取り戻す時間>を感じて頂くことをテーマとして光空間をかたちに演出しました。

電気自動車デトロイト号復活プロジェクト
太陽光発電システム
一般社団法人 電池工業会
LEGA LED照明で省エネ