施設照明納入事例

東京湾横断道路「海ほたる」

               
所在地 千葉県木更津市沖
納入年 1997年
仕様
道路照明用ライトパイプ (LP222):44台
ランプ:(NHT180L)
安定器:(NT-200C-5)
道路照明用ライトパイプ (TOLC-220):52台
ライプ:(NHT-220L)
安定器:(NHS-220CRA-B)
設置延長:840M

東京湾アクアライン(東京湾横断道路)は、1989年着工以来、8年余りの最月をかけて97年12月に完成した東京湾をわたる最初の道路です。
神奈川県川崎市と千葉県木更津市を結ぶ全長15.1Kmの一般有料道路で、トンネル部分(約9.5Km)は海底トンネルとして世界4番目の長さです。
木更津側には、首都園唯一の海上休憩施設として設置された人工島が、沖合5Km、水深25mの地点にあります。
この施設にGSユアサのライトパイプが採用されています。

電気自動車デトロイト号復活プロジェクト
太陽光発電システム
一般社団法人 電池工業会
エコセラ