施設照明納入事例

三山木駅前広場

所在地 京都府京田辺市
納入年 2007年
仕様
シェルター照明 SMS15221-00 CMT150・LE-W/BH 37台
道路照明 MR2731A-01 CM220F・L-LW/BH 39台
歩道照明 SMS15220-00/01 CMR150・E-W/BU-N 37台
高架下照明 MR2731A-CC CM150F・L-LW/BH 6台

京都府の南部に位置する京田辺市では、平成8年度から23年度にかけて「三山木地区特定土地区画整理事業」に取り組んでいます。三山木地区の良好な宅地と道路・公園・鉄道高架などの都市基盤施設を一体的に整備し、本市の副核拠点または関西文化学術研究都市の北の玄関口として地域の活性化を図る事が本事業の理念となっています。
その中心となるJR学研都市線と近鉄京都線の2つの駅が隣接する三山木駅前は、「まなびや」と「ふるさと」 をイメージコンセプトとし、周辺の同志社大学などの学生が集まる文化的で賑わいのある側面と、三山木地区が持つ美しい田園や山並み、竹林などの自然を感じられる側面との融合を目指して整備されています。
駅前広場は、間接照明により膜素材のシェルターを美しく浮かび上がらせることで、個性的で開放的な空間を演出しています。また、道路照明と歩道照明は、竹をイメージしたデザインを取り入れることで、個性的で趣のある新しい街の顔づくりの一翼を担っています。
光源にはエコセラを使用し、車道部は色温度3000K、歩道部は4000Kと光色を使い分けることで、より安全で快適な空間の創出と省エネの両立を実現しています。

電気自動車デトロイト号復活プロジェクト
太陽光発電システム
一般社団法人 電池工業会
エコセラ