施設照明納入事例

大阪城公園 二の丸地区(梅林前)

所在地 大阪府大阪市中央区 大阪城
納入年 2006年
仕様
梅林前照明灯 器具 CPFD-150(SMS15088-00) 4基
CPWD-150(SMS15088-01) 10基
ランプ CMTD150E-W-N(4000K) 14灯

大阪城公園二の丸地区の東側には、大阪市内随一といわれる敷地面積約1.7ヘクタールの「大阪城梅林」が広がっています。例年1月上旬から咲き始める早咲き種の寒紅梅や冬至梅をはじめ95品種、約1250本の梅が色鮮やかに咲き誇り、3月末まで梅林を訪れる多くの人々にほのかな甘い香りをふるまっています。
従来この「大阪城梅林」前の園路には照明灯は設置されていませんでしたが、新しく照明灯を設置することにより夜間でも安全で安心して歩ける園路となりました。
照明灯は、断面を梅形にしたポールから梅の枝を模したしなやかな支柱が伸び、先端にさりげなく梅の花をあしらった洗練されたやさしいデザインとしており、周囲の梅林との調和を図っています。
光源には、高率的で省エネ効果の高い「エコセラ」を使用し、その演出性の高い自然な光は、梅の花を色鮮やかに浮かび上がらせています。

電気自動車デトロイト号復活プロジェクト
太陽光発電システム
一般社団法人 電池工業会
LEGA LED照明で省エネ