施設照明納入事例

宇治橋

所在地 京都府宇治市
納入年 1996年
仕様 フットライト 御影石製フットライト:50台 ランプNH110F-L
デザイン多目的照明 特形デザイン器具:15台 ランプNH220F-L

古くは「源氏物語・宇治十帖」の舞台として、また最近ではユネスコの世界文化遺産に登録された(平等院)や(宇治上神社)を抱える世界的な観光地として脚光を浴びている町京都〈宇治〉。その中心はたびたび歴史の表舞台にも登場する宇治橋です。京都府は6年の歳月をかけて架替工事を進め、1996年春に粧いも新たに開通しました。
周囲の景観と橋のデザインに配慮して、背の高いポール灯による照明を避け、御影石を舗きつめた歩道部分にあわせた、同じ素材の御影石製フットライトを50基配慮し車道、歩道の照明をしています。
また、橋の両岸取付部には、歴史にゆかりのあるデザインをとり入れた照明器具によるデザインポール灯があわせて設置されています。

電気自動車デトロイト号復活プロジェクト
太陽光発電システム
一般社団法人 電池工業会
LEGA LED照明で省エネ