施設照明納入事例

御殿山通りのLEDデザイン道路照明

所在地 東京都武蔵野市御殿山
納入年 2015年
仕様
型式 LED照明器具
 SJS15830-06 18基  SJS15830-07 18基
LED

御殿山通りの沿道には史跡指定されている玉川上水が並行して流れ、東京都武蔵野市内の三鷹駅と井の頭公園を結ぶ歩行者の主要動線である。
御殿山通りは玉川上水の緑豊かな景観に配慮した人にやさしい道づくりが求められており、武蔵野市は平成14年11月17日に「御殿山通り道づくり研究会」を設置して住民参加のワークショップ形式による地域の方々との検討による整備計画を進めている。
御殿山通り整備計画では歩道空間の確保とバリアフリーによる歩行者主体の道路整備の一環として、街路灯の照度アップが目的の一つであった。
今回、弊社で納入したデザイン照明器具は御殿山通りの拡幅区間(みたか橋からむらさき橋の区間)の部分にあたり、ワークショップ等で検討された器具デザインでの水銀ランプからLED照明器具への改修を実現した。大小親子形に照明灯具を配置することで道路の明るさを確保して歩道舗装との調和を図り、三鷹駅から井の頭公園までの歩行動線の一貫性や景観向上に寄与している。

電気自動車デトロイト号復活プロジェクト
太陽光発電システム
一般社団法人 電池工業会
LEGA LED照明で省エネ