施設照明納入事例

京都府 九条通りのLEDデザイン道路照明

所在地 京都府京都市南区
納入年 2013年
仕様
型式 SJR15810-00
LED

九条通りは、京都駅に近く,真言宗総本山の教王護国寺いわゆる東寺に隣接しており、多くの観光客が利用する通りである。東寺は、平安京遷都に合わせて建立され、およそ1200年の由緒ある寺院である。周囲には高い建物が少なく、五重の塔が印象的な景観となっている。1994年には、世界遺産に登録され、国内はもとより海外からの観光客もたくさん訪れる京都を代表する観光名所である。
東寺の南側を東西に走る九条通り(国道1号線)の照明施設は,五重の塔をイメージした照明灯で心柱の先端に取付けられている相輪と屋根の庇をモチーフとし、庇の先端に照明器具を取付けたデザインとされており、景観に配慮したものとなっている。照明器具のLED化は、現在のデザインを踏襲しながら実施された.既設光源の220Wセラミックメタルハライドランプ(消費電力240W)から110W LED(5000K,Ra70)モジュールに置き換えを可能とし。さらに初期光束補正機能により10%の消費電力を抑え、平均98Wとし、約60%の省エネを実現した。片側2車線を中央分離帯で上下線に分離されており、照明の配置は、灯高12mで40m間隔とした。中央配列により路面照度0.7cd/㎡を確保している。また、放熱構造に配慮することで、光源の定格寿命をセラミックメタルハライドランプの18,000時間から60,000時間へ約3.3倍の長寿命とした。

電気自動車デトロイト号復活プロジェクト
太陽光発電システム
一般社団法人 電池工業会
LEGA LED照明で省エネ