施設照明納入事例

日本橋堀留町のLEDデザイン道路照明

所在地 東京都中央区日本橋堀留町
納入年 2016年
仕様
型式 歩道用:SJS15810-10 8基
車道用:MR1721B-31 + LDT100/200V30N-G  8基
LED

中央区人形町は老舗名店が多く立ち並ぶ町である。江戸時代は歌舞伎や薩摩浄瑠璃、人形芝居が行われており、人形使いが多く住んでいたことから人形町と名付けられたとされている。現在は毎年8月に行われる「せともの市」が夏の恒例行事となっている。
人形町から東日本橋まで続く道路の照明施設はHID器具にLED照明を内蔵したものとなっている。道路は片側一車線道路の両サイドに歩道があり、車道側の照明は灯具内に電源とモジュールを内蔵させたLED照明器具SJR15810-00、歩道側の照明はMR1721B-31にLEDランプ30Wを取付し、ポールも柱頭に擬宝珠を付けたデザインポールとし景観に配慮したものとなっている。既存施設は、水銀灯300Wを使用していたが、LED59Wの製品で照度基準をクリアーすることが可能となり約80%の電気使用量削減に成功し、寿命も水銀灯の12,000時間から60,000時間へと5倍の長寿命を実現した。歩道照明も従来の水銀灯100Wから70%消費電力量を削減し、40,000時間の長寿命を実現した。

電気自動車デトロイト号復活プロジェクト
太陽光発電システム
一般社団法人 電池工業会
LEGA LED照明で省エネ