Informationお知らせ

リチウムイオン電池搭載 防災対応型LEDリチウムソーラーライト ~ 京都市左京区の岡崎公園でフィールドテストを開始 ~

2015.10.1

株式会社 GSユアサ(社長:村尾 修、本社:京都市南区。以下GSユアサ)は、京都市が提唱するスマートシティ京都プロジェクトの一環として、岡崎公園(所在地:京都市左京区)に防災対応型LEDリチウムソーラーライト(以下LEGAソーラー)を設置し、防災の日である9月1日よりフィールドテストを開始しました。

今回設置したLEGAソーラーは、LED照明器具に太陽電池パネル、大容量リチウムイオン電池と防災コンセントを搭載したシステムです。通常時には自立型LED照明として「あかり」を、災害時には電源供給拠点として「あんしん」を提供し、京都市の広域避難場所である岡崎公園で観光客や市民の皆さまの避難行動をサポートします。

これまで、GSユアサでは鉛蓄電池による同様のシステムは製造販売していましたが、リチウムイオン電池を使用した大容量(AC100Vで250VA・4時間の電力補償)システムの製品化は初めてであり、災害時の有効性を検証していきます。

本事業で得られたノウハウは全国各地の自治体にも提案し、防災計画の更なる充実に協力していきたいと考えています。

【LEGAソーラーの概要】

■LEGAソーラー昼景
■LEGAソーラー夜景
■防災コンセント(AC100V)
お知らせ一覧を見る