PCB使用器具の取り扱い

PCB使用器具の取り扱いについて

PCBは、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」により、産業廃棄物として事業者で保管することになっています。保管方法は特別管理産業廃棄物として、環境省の定める基準等に従って保管する必要があります。(保管管理等についての正確な情報は、最新の法令等にしたがってください。)保管基準を要約すると、次の通りです。

1,容器は、蓋のできるドラム缶など、万一PCB油が外部に漏れても浸透、流出しないようなものを使用すること。
  (特別な容器はありません。)
2,容器には、「特別管理産業廃棄物・PCB汚染」と表示すること。
3,保管場所は、囲いがあり、雨水や直射日光があたらない場所とすること。
4,保管場所には、「特別管理産業廃棄物・PCB汚染保管場所」と表示すること。
5,保管台帳(様式は任意)を設け、保管個数を明確にしておくこと。
6,保管する事業者には、「特別管理産業廃棄物管理責任者」を置くことが義務付けられています。

リンク先

環境省のパンフレット「ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の適正な処理に向けて」が閲覧できます。
環境省 廃棄物・リサイクル対策部のHP

一般社団法人 日本照明工業会のPCB使用照明器具に関する情報が閲覧できます。
一般社団法人 日本照明工業会のPCB使用照明器具に関する情報 HP

一般社団法人 日本電機工業会のPCBを含む電気機器への対応情報が閲覧できます。
一般社団法人 日本電機工業会の「PCBを含む電気機器への対応情報」のHP

PCB使用有無の検索・証明書発行サービス

※サービス利用に関するご注意

安定器にPCBを使用しているか確認し、結果表示後証明書の発行画面にお進みいただけます。

前方2文字以上の入力であいまい検索が可能です。(例)HT、HC
※入力文字数が少ない場合多数ヒットするため、表示領域が大きくなります。

電気自動車デトロイト号復活プロジェクト
太陽光発電システム
一般社団法人 電池工業会
エコセラ