製品・サービス

LEDソーラーライト(鉛蓄電池タイプ)

ソーラーシステムに最適な新型鉛蓄電池を搭載したLEDソーラーライトです。
スタンダードタイプとスリムタイプの2種類のスタイルをラインアップしています。

ソーラーシステムに最適な新型鉛蓄電池を搭載

ソーラーライトに搭載する鉛蓄電池が新しくなりました。新しく開発した“SLRタイプ”は、幅広い用途に使用されている長寿命タイプの高性能制御弁式鉛蓄電池を、ソーラーシステム用にサイクル性能を向上させた専用の鉛蓄電池です。従来の“SLCタイプ”および“SNSタイプ”に置き換わる、長寿命・高容量の鉛蓄電池です。従来タイプと互換性があるため、既設のスタンダードタイプの標準バッテリーボックスおよびスリムタイプのポールに収納できます。
※“SLCタイプ”のバッテリー内蔵ポールには、適合しません。

従来タイプからの置き換え

SLC70-4V SLR-50-12
3個 数量 2個
3直列 接続 2並列
12V 電圧 12V
70Ah 容量 100Ah
SLC70-4V SLR-50-12
6個 数量 3個
3直列×2並列 接続 3並列
12V 電圧 12V
140Ah 容量 150Ah
SNS-50-12 SLR-50-12
2個 数量 2個
2並列 接続 2並列
12V 電圧 12V
100Ah 容量 100Ah
SLR-50-12

鉛蓄電池の比較

型名 SLC70-4V SNS-50-12 SLR-50-12
公称電圧 4V 12V 12V
定格容量 70Ah 50Ah 50Ah
サイクル寿命 4000サイクル - 5000サイクル
期待寿命
(使用周囲温度)
約10年
(25℃)
約8年
(25℃)
約10年
(-10〜45℃)
質量(kg) 11.0 23.0 25.5
サイズ(mm) 159×283×96 363×128×190 363×128×190

様々な機能に対応する制御ユニット

制御ユニットに搭載された専用のチャージコントローラーには、ソーラーライトの点灯・消灯の制御や安全のための機能を標準的に装備しています。(チャージコントローラーは、リチウムイオン電池タイプと鉛蓄電池タイプで共通です。)これらの基本機能以外に、商用電源から充電できる機能や、AC100Vコンセントを利用をできる機能を追加した制御ユニットにもオプションで対応しています。商用電源から充電できるACサポートタイプ(商用電源併用タイプ)は、日射量不足や太陽電池パネルに樹木や建物の影が落ちて十分な発電を行うことができない場合に充電不足を補い、災害時に「安心・安全」を確実に提供します。
※リチウムソーラーライトは、ACサポートタイプに対応できません。

チャージコントローラー

チャージコントローラーの基本機能

  • 自動点灯・自動消灯機能
  • 昼夜判別機能
  • 強制点灯機能
  • 過充電・過放電防止機能
  • 16種類の点灯パターン設定機能
  • 調光点灯機能
点灯パターン
点灯パターン

※設置場所の日射量や太陽電池パネルと光源の出力の組み合わせにより、使用できるパターンに制限があります。

※丸数字の下のかっこ内の数値は、100%点灯換算の点灯時間です。点灯パターン選択の際のガイドになります。

防災対策オプション

防災対策として、ソーラーライトに避難誘導看板やAC100Vコンセントを取付けることができます。

避難誘導看板

災害時に、人々を避難場所へ誘導するための看板です。停電時の夜間でも、ソーラーライトのあかりが看板を照らし、人々を避難場所まで安全に導きます。

※避難誘導看板は、標準仕様のポールには 取り付けられません。予め、看板の取付けを想定してポールの強度を検討する必要があります。

避難誘導看板

AC100Vコンセント

ポール部やバッテリーボックス内にACコンセントを装備できます。災害時に、蓄電池に貯めた電気をスマートフォンの充電などに利用することができます。

※ACコンセントを使用するためには、専用の制御ユニットが必要です。

AC100Vコンセント

製品についてのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話の受付時間 平日9:00〜17:35 
土日祝、GW、
夏季休業、年末年始休業など 所定の休日を除く

京都
075-312-2765
東京
03-5402-5720
  • デトロイト号復活プロジェクト
  • GSユアサ 太陽光発電システム
  • JLMA 日本照明工業会