製品・サービス

窒素パージ式小型コンベアUV 照射装置

標準仕様

  • 印刷 アイコン

    印刷

  • 塗装 アイコン

    塗装

  • コーティング アイコン

    コーティング

  • 接着 アイコン

    接着

UV硬化において、大気下では酸素による硬化阻害が発生します。
酸素を排除した、不活性ガス下でのUV照射における酸素阻害抑制の効果は、かなり以前から知られていました。

CSN2-40は、今までの窒素パージUV装置に比べお手頃な価格にてご提供できるように開発いたしました。

特長

  • 窒素消費量を抑制

    独自の照射炉構造と窒素流量制御により窒素消費量を抑制します。

  • 通常雰囲気下でも使用可能

    被照射物による使い分けや窒素パージ効果の比較が簡単にできます。

  • 安全装置を標準装備

    作業環境の酸素濃度を監視し安全を確保します。

    特型対応でUV-LED搭載可能。

電源装置 イメージ

室内監視用酸素センサー

基本仕様

装置形名 CSN2-40
UVランプ 4kW 水銀ランプ または メタルハライドランプ
ランプ出力 1kW~4kW 無段階ボリューム調整(メタルハライドランプは2kW〜4kW)
UV照射器具 コールドミラー集光形
被照射物 質量500g以下(装置開口:幅240mm×高さ5mm)
照射距離 80mm固定(器具下端から搬送面まで)
搬送速度 5~90m/min
処理室残留酸素濃度 自動調整範囲 0.3〜3%(搬送速度30〜60m/min) 1〜3%(搬送速度60〜90m/min)
炉内酸素センサー測定能力 0.1~25%測定(総合精度±1%FS)
室内酸素センサー 1箇所設置
入力電源 AC200V 3相 7.5kVA 50/60Hz
窒素 圧力0.5MPa 50L/min(MAX)
排気 Φ100mm 約4m3/min
概算質量 250kg
使用環境 温度:5~40℃、湿度:RH85%以下(結露が無いこと)

排気口より若干量のオゾンが排出されますので、屋外へ排出してください。

装置排気口からの排気ダクトはお客様にて施工願います。

装置形名はお断りなく変更になる可能性があります。

窒素パージ式小型コンベアUV照射装置

製品についてのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話の受付時間 平日9:00〜17:35 
土日祝、GW、
夏季休業、年末年始休業など 所定の休日を除く

西日本
075-316-3074
東日本
03-5402-5722
  • デトロイト号復活プロジェクト
  • GSユアサ 太陽光発電システム
  • JLMA 日本照明工業会