製品・サービス

UV照射システムの選定ステップ

技術情報

  1. step 1

    導入の目的の明確化

    被照射物は?

    材質
    紙、金属、樹脂、ガラス、木材、プリント基板、フィルム、その他
    形状、寸法
    ロールタイプシート、枚葉タイプシート、成型物、部品、その他
    特性
    耐熱温度、耐UV、耐オゾン

    導入の目的は?

    品質の向上
    UVハードコートによる表面硬度の改善。印刷色が鮮明になる特長を生かして、製品の品種、品位を改善し価値を高める。
    機能性付加
    高機能フィルム向け、レジストほか材料の改質、膜の電気特性改善、その他
    合理化対策
    設備費、運転費、エネルギー(電気、ガス)など、生産性など、従来方式に比較して経済的な設備で、製品単価も引き下げたい
    (経済比較の検討)。
    環境対策
    感光性樹脂は一般的に溶剤を使用しないので無公害。
  2. step 2

    サンプル作成と照射条件の確認

    導入の目的に沿って、お客様ご指定条件、もしくは当社の実績データを基に実験設備を準備いたします。場合によっては、インキ・塗料・接着剤などの材料メーカー様と協力して製品サンプルを作成いたします。これにより印刷・塗装・改質などの条件設定と、製品の物性的・化学的な性能の確認を行います。ここで得られた最適な必要UV照度(mW/cm2)・積算光量(mJ/cm2)の情報がステップ3へと繋がります。

  3. step 3

    照射条件の設定

    1. UV光源(UV照射器具)の選定

      サンプル結果に基づき選定します。
      選定に際しては、最も経済的で効率の良いUV光源は何かということを反射板の種類および照射方式・冷却方式も含めて十分考慮した上で選定します。

    2. UV光源出力、灯数および配列の選定

      どの程度の出力のUV光源をいくつ、どのような配列で並べるかは、使用する材料(UVインキ、UV塗料など)の硬化時間・被照射物の寸法・形状および要求される生産能力(搬送速度、搬送方法)などで決まります。

  4. step 4

    被照射物の冷却条件

    UV光源は、紫外線と同時に熱線(赤外線)も放射しているため、対象物は加熱されます。
    このため、熱に弱い対象物の場合、冷却方法を工夫し、許容温度以下になるよう対策をする必要があります。

  5. step 5

    UV 照射システムの構造の決定

    1~4のステップを総合的に検討し、構造を決定します。
    例えばUVランプの場合、被照射物に対して待機時などにUV光を遮断する場合、UV照射器具にシャッターを設ける必要があり、装置スペースに配慮が必要となります。
    また、メンテナンス性を考慮するため、印刷機などに組み込む場合は、そのスペースはもちろん耐熱対策・オゾンによる錆び対策などが必要となります。

基本仕様

  1. UV光源の種類と大きさ(W、W/cm)
  2. 照射器具の種類
  3. 灯数および配列
  4. 被照射物の許容温度と冷却方法
  5. 搬送速度と搬送方式など

設置条件

  1. システムとしての寸法制約条件
  2. 前後の関連装置との取合い
  3. 電源装置、操作盤などの設置条件
  4. オゾン、紫外線漏れなどの環境条件

設置に関しましては、その他さまざまな条件が有りますので、詳しくは当社にお問合せください。

製品についてのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話の受付時間 平日9:00〜17:35 
土日祝、GW、
夏季休業、年末年始休業など 所定の休日を除く

京都
075-316-3074
東京
03-5402-5722
  • デトロイト号復活プロジェクト
  • GSユアサ 太陽光発電システム
  • JLMA 日本照明工業会